Menu

グループホームで働く上でおすすめの資格

グループホームは正式には「認知症対応型共同生活介護」といいます。
利用している人は主に認知症患者です。
彼らが普通の日常生活を送るために介護士が食事、掃除、洗濯などの介助を行います。
介護士の詳しい仕事内容は各グループホームにより異なりますが、大まかな仕事内容は共通しています。
そのため、働きたいと思っているのであれば、まずはグループホームの仕事を知ることが大切です。

このグループホームで働くのにおすすめの資格はいろいろなものがあります。
まずはケアマネージャーです。
グループホームには必ずケアマネージャーが在籍していないといけませんので、ケアマネージャーの有資格者は必須です。
ケアマネージャーは利用者に作成したケアプランを提案する仕事です。
利用者と介護サービス事業者の間をつなぐ大切な役割を担っています。

また、グループホームには要介護者を介助する介護職員も必要です。
グループホームで介護職員として働くには特別な資格を絶対的に必要とするわけではありませんが、介護に関する知識がないと非常に厳しいです。
そのため、実地経験がなくても資格を持っておいたら便利です。
おすすめの資格としては介護福祉士です。
介護福祉士は1987年に制定された国家資格です。
主に高齢者や障がい者の介護に関する資格でグループホームで働くなら非常に役立ちます。
それから、介護業務というよりも利用者の相談業務を行う役割を担う社会福祉士もおすすめです。
利用者の相談を受けて適切な福祉サービスの紹介を行います。