Menu

無資格でも働ける世話人の仕事

グループホームは高齢者や障がい者が共同生活を送る施設です。
施設により違いはありますが、基本的に利用者はある程度は自分のことは自分でできる人達です。
こうした現場で活躍しているのが、世話人というスタッフです。

世話人は利用者の身の回りの世話や手伝いをする仕事です。
食事の提供や見守り、掃除など自立生活のサポートを行います。
施設によっては調理も世話人が行うこともありますし、調理は専任のスタッフが別にいたりケータリングを利用するなどして食事提供のみということもあります。
施設の方針や利用者の状態によってはトイレの手伝いなど介護色が強くなったり、利用者の話し相手になったりとより踏み込んだ関わり方をしています。

介護の現場で働くには、介護士や社会福祉士といった介護・福祉系、看護師などの医療系といった専門的な資格が必要なケースが多いです。
しかし、世話人の仕事は特に資格を必要としないため無資格でも問題なく働けます。
そのため、何も資格はないけれど介護の仕事を始めたいという人でも働けるケースが多いです。
また、実務内容によっては介護系の資格取得の条件になっている実務経験として認められることもありますので、世話人をスタートにキャリアアップの可能性も充分に期待できます。

介護色の強いケアホームですと、有資格者のみ募集ということも多いです。
そのため、無資格からスタートして実務経験を積みたいという場合は、障がい者のグループホームの方が条件に合う求人を見つけやすいでしょう。